• 公益社団法人日本防犯設備協会

防犯設備士・総合防犯設備士試験

防犯設備士は、安全・安心なまちづくりを担う

警察や自治体との連携

防犯設備士は、防犯設備に関する専門的な知識・技能に基づき、防犯設備の設計、施工、維持管理及び防犯診断に関する業務を行い、警察や自治体などの関係機関・団体と連携しながら「防犯の専門家」として活躍し、地域の防犯対策や安全・安心なまちづくりに大きな役割を担っています。

技術レベルの向上を図っています

公益社団法人 日本防犯設備協会は警察庁の指導の下で平成4年から防犯設備士の養成と資格認定試験の事業に取り組み、防犯設備等の技術レベルの向上を図っています。平成13年より、防犯設備士の養成と資格認定事業は公益社団法人 日本防犯設備協会の自主事業として実施しています。

振り込め詐欺・サイバー犯罪なども対応

防犯設備士は、当初は防犯設備の設計・施工・維持管理に関連する知識が中心でしたが、今日では防犯設備機器のみならず、振り込め詐欺やサイバー犯罪など幅広い知見が求められています。

犯罪に対応する新しい知識を絶えず入手

防犯設備士は、その本来の業務である防犯設備の構築において活躍していますが、お客様にさらに信頼いただくために、犯罪情勢にも目を配り、解決の手段である防犯設備やその運用などに関する新しい知識を絶えず入手して、的確な対応ができることが期待されています。

平成30年度防犯設備士試験のご案内

http://www.ssaj.or.jp/security_officer/pdf/annai.pdf

PDF形式のファイルをご覧にいただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は“Get Adobe Reader”ボタンをクリックしてダウンロードしてください。

専門家に相談